からだ的効能


ローズマリーは栽培された地域によって3つの種類に分類され、これらは香りや有効成分が少しずつ異なります。ローズマリー・シネオールはモロッコ産のローズマリーで、香り成分の1.8シネオールが多く含まれています。また、他の種と比較すると神経毒性のあるケトン類の含有量が少なく、使用上のリスクが少ないという特徴もあります。
ローズマリー・シネオールは、痰をはじめとする呼吸器系の不調や、冷えなどに効果があります。
痰や咽、鼻については、香り成分のシネオールの効果によるものです。シネオールには粘液溶解作用があり、咽にからんた痰を除去してくれます。gf0640255783l
咽や鼻に不調があるときは、粘膜部分の血行不良が原因になっていることが多くありますが、シネオールはうっ血を除去する作用があるため、粘膜のうっ血を改善し本来の機能を取り戻します。
また、冷え性の改善に効果を発揮するのは、カンファーという有効成分です。これはカンフルとも呼ばれ、医薬品にも使用されている物質ですが、循環器に働きかけて血行を促進する作用があります。
シネオールもカンファーも揮発性の成分ですので、コットンに含ませて香りを吸い込んだり、アロマポットを使うことで、有効成分が呼吸器を通って体に取り込まれます。

コメントは受け付けていません。