主芳香成分のこと


ローズマリー・シネオールの芳香成分は、1,8-シネオールが半分近く含まれており、その他α-ピネンとカンファーを含有しています。このオイルはモロッコ産です。1,8-シネオールのさわやかな香りが特徴で、その他の成分が香りをマイルドにしています。
このエッセンシャルオイルは子供も大人も安全に使用することができます。
ローズマリーは、ヨーロッパで古くから利用されており、 gf0240039759l料理に欠かせないハーブとされていました。ローズマリーには消臭、殺菌効果があり、肉や魚の臭みを消し鮮度を保つ効果があります。さらに消化を促す効果もあり、現在でもイタリア料理やフランス料理に幅広く利用されています。
エジプトのファラオのお墓から発見されたことや、古代ローマやギリシャでは悪魔を追い払う力があるとされていたことなどから、宗教儀式によく利用されていました。悪魔を追い払う力があるとされていたそうです。
1,8-シネオールには痰を切りやすくしたり、粘液を溶解する作用があることから鼻や喉などの呼吸器系の不調にも効果を発揮します。風邪をひいてしまった時にも非常に効果的です。
また血液の循環を促進する効果もあるので、筋肉痛やリウマチなどの神経痛の症状の緩和などにも使われています。

コメントは受け付けていません。